月経異常|立川駅|乳腺外科・婦人科|たけだ乳腺・婦人科クリニック

〒190-0012東京都立川市曙町2丁目6-10 N8ビル6階
Tel.042-518-9071
ヘッダー画像

月経異常

月経異常|立川駅|乳腺外科・婦人科|たけだ乳腺・婦人科クリニック

月経困難症

月経困難症

月経痛(生理痛)によって生活に何らかの支障を来す状況であれば月経困難症と呼びます。
月経困難症の原因となる子宮内膜症や骨盤内炎症は悪化すると不妊の原因にもなってしまいます。子宮筋腫や子宮腺筋症も知らずに放っておくと、気づいたときには重度の貧血になっていたり、手術をしなければならない大きさになっていることもあります。
また月経困難症によって学業や仕事がはかどらないなど、さまざまなところに影響が出てしまいます。

月経困難症の方の症状

  • 月経中の下腹部痛
  • 月経中に腰痛がある
  • 月経中にお腹が張る
  • 月経中に吐き気がでる
  • 月経中に頭痛がある
  • 月経中に疲労感・脱力感がでる
  • 月経中に食欲不振になる
  • 月経に下痢になる
  • 月経になると憂うつを感じる

月経痛が起きる時期

月経痛は通常、月経量の増える2〜3日目の時期に強く感じますが、月経のはじまる直前に痛みを感じる人もいます。

月経困難症は生理がある人のおよそ3人に1人に見られます。
何らかの疾患があることで起こる器質性月経困難症と、原因となる疾患がない機能性月経困難症に分けられます。

  • 【器質性月経困難症】

    器質性月経困難症は、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、子宮の形の異常などの病気が原因となります。

  • 【機能性月経困難症】

    機能性月経困難症は、月経時の血液を子宮から排出する際に、頸管(子宮の出口)が狭いことによって生じたり、プロスタグランジンという物質によって子宮が強く収縮しすぎてしまうことが主な原因です。多くの月経困難症がこれに該当します。初潮後2~3年ではじまることが多いとされています。

月経困難症の症状

症状で最も多いものは月経時の痛みで、腹痛や腰痛のほか、肛門周囲に痛みを感じることもあります。若い方の場合には、年齢とともに、また妊娠出産によって症状が軽快することがあります。

月経困難症の治療

治療は、プロスタグランジンが作られるのを妨げる、ロキソニンなどのNSAIDsという非ステロイド抗炎症薬や漢方薬を使用したり、ピルの内服も有効です。保険で使用できるピルもあります

※婦人科を受診するのに早すぎる年齢というのはありません。初経がはじまり、月経痛がつらい場合は早めに受診することで月経痛へ対処することができ、月経へのマイナスイメージを持たずに上手に付き合っていくことができます。「月経がつらい」という方は早めに受診してみて下さい。

月経不順

月経不順だけど忙しいし…と放置してきた方、月経不順なのか不正出血なのかわからないという方。月経不順の原因を知ることで思わぬ病気やがんが見つかることもありますのでお気軽にご相談下さい。

月経不順とは?

月経周期というのは、月経の始まった日から次の月経の開始日前日までの日数を指します。正常な範囲は25日~38日で、月経周期が24日以内を頻発月経、39日以上を希発月経、90日以上停止した場合を続発性無月経といいます。希発月経や頻発月経の中には無排卵の方が一定数いるともいわれています。

月経不順の原因

急な体重の増減、精神的ストレス、激しい運動による負荷、抗がん剤等の薬剤の影響、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、子宮の手術による影響などがあげられます。その他、甲状腺や脳の異常でも月経異常が起きることがあり、その原因はさまざまです。

月経不順の治療

原因によって治療法は異なります。まずは妊娠の有無を確認します。経腟超音波検査で子宮や卵巣の状態を見て原因を調べます。PCOSでは特徴的な卵巣の所見が見られます。また、血液検査を行い、生理に関わるいくつかのホルモンや、甲状腺の機能などを調べます。薬が原因の場合は薬を中止してみることもあれば、ストレス等が原因の場合はできるだけストレスが緩和できるよう心掛けながら、経過を見ることもあります。長期に月経が来ていない場合はホルモン剤を使って月経を起こしたり漢方薬を用いて体質改善を試みる場合もあります。

過多月経

「生理の量」は人と比べることはあまりないので自分で多い、少ないがわからないことも多いと思います。以下の項目にチェックが入った方は気軽にご相談下さい。知らない間に貧血になっていて、治療をしたらずいぶん体が楽になった、勉強や部活、仕事の効率が上がったという方もいらっしゃいます。

過多月経とは?

一般的に月経血の量は20~140㎖、平均50~60㎖とされており、過多月経の定義としては、150㎖かそれを超えて月経血が異常に多いことをいいます。実際に測るのは難しいため下記の症状がある場合に月経量が多いと判断しています。特に生理の時にレバー状の塊が混じっている方は過多月経が考えられます。過多月経の場合、貧血になることがあるので月経になるとめまい・動悸・疲れやすいなどの症状が出る人も過多月経が疑われます。

  • ナプキンを2時間以内に替える
  • 夜間、夜用ナプキンで朝までもたない
  • 経血にレバー状の塊が混じっている
  • 月経時にめまい・動悸
  • 月経時、疲れやすい

過多月経の原因

子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜ポリープなどがあります。子宮体がんや子宮頸がんが原因のこともあります。黄体機能不全や無排卵性周期症などで破綻出血を起こし、結果として過多月経になる場合があります。10代から20代の若い方や閉経近くの40代後半の方では、この内分泌的な異常が原因のこともあります。このほかには、内科的疾患として過多月経が起こることがあります。血液が固まりにくい病態があり、それが原因で結果として過多月経となっていることもあります。過多月経の精査をしているうちに血液疾患が診断されたという場合もあります。

過多月経の治療

貧血がある場合には、鉄剤などの内服や注射を行います。ピルなどのホルモン療法、止血を促すお薬の内服や、手術による治療もあります。

PMS(月経前症候群)

月経前になると眠かったり、イライラしたり、不安になったり、吐き気がしたりおなかが痛かったり…そんなことはありませんか?

PMSとは?

月経前3~10日間に現れる身体的、精神的な多種多様な症状で、月経の発来とともに消失または減弱します。PMSが原因で学校や仕事のパフォーマンスが落ちることが明らかになってきており、日常生活にまで身体的・精神的な支障をきたす場合は治療が必要になってきます。

PMSの治療

ピルなどのホルモン療法、漢方療法を中心に、生活習慣の改善や運動も有効とされています精神的にお悩みの方は婦人科、心療内科で迷われるかもしれません。まずはどちらでも受診してみる第一歩が大切です。必要な場合はご紹介もできますのでまずはご相談にいらして下さい。