更年期|立川駅|乳腺外科・婦人科|たけだ乳腺・婦人科クリニック

〒190-0012東京都立川市曙町2丁目6-10 N8ビル6階
Tel.042-518-9071
ヘッダー画像

更年期

更年期|立川駅|乳腺外科・婦人科|たけだ乳腺・婦人科クリニック

更年期

更年期障害

更年期とは月経がなくなる「閉経」の前後5年、つまり10年にも及ぶ女性ホルモンが大きく変動する期間を差し、女性なら誰もが経験する時期のことです。(閉経は1年間月経がなくなった状態のことを指します。)この期間に現れるさまざまな症状により日常生活に支障をきたしてしまう場合「更年期障害」と言います。この時期女性ホルモンが急激に減少することが原因ですが、その他、加齢による身体変化や、もともとの考え方の癖や性格といった心理的な要因、また親の介護や子供の受験、職場で責任のある位置につくようになったなどの社会的要因により発症のしやすさが異なるため症状として現れない人、少しは感じるけれども日常生活には支障はない人などもいて、個人差が大きいことが特徴です。
また更年期障害が原因で離職する人も多く、近年女性の就労率が上がる中、社会的な問題になりつつあります。まずは一緒に対処法を考えましょう!

更年期障害の症状

自律神経失調症状

  • のぼせ・ほてり
  • 手足の冷え
  • 動悸
  • 息苦しさ
  • 疲れやすい
  • 頭痛
  • 肩こり
  • めまい
  • 寝つきが悪い
  • 眠りが浅い

精神症状

  • イライラしたり怒りっぽくなったりする
  • くよくよしたり、憂鬱になる
  • 不安
  • 情緒不安定

身体症状

  • 関節痛やしびれ
  • 吐き気や食欲不振
  • 尿が近い
  • 性交痛
  • 腰痛
  • 皮膚のかゆみ

日本人の平均閉経年齢は50歳ですが個人差がとても大きく、早い人では40代前半、遅い人では50代後半まで月経がある場合もあります。40歳未満で閉経する場合は早発閉経と言い、卵巣機能の衰えによりエストロゲンが出なくなることが原因です。通常でも閉経するとLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増加したり、骨粗しょう症になりやすくなったりするのですが早発閉経の場合はそのリスクが高くなるため要注意です。

女性ホルモン(エストロゲン)が減少してまず現れるのが月経がまばらになる、不正出血があるといった月経異常がおき、その後ほてりやのぼせ、めまいなどが出現、そして倦怠感や不眠、不安、抑うつなどの精神症状が起きたのちに外陰部の掻痒感や、腟の乾燥感やひりつきといった泌尿生殖器症状が起こるといわれています。こういった流れの中で、「日常生活に支障をきたしている」「つらい」と感じたときは我慢せずにまずは相談という気持ちで受診してみて下さい。

治療方法

更年期障害を発症するかしないかはある程度は体質なので仕方のない面もありますが、心理的要因や社会的要因を整えることで症状を重くしないように対処しましょう。ストレスをためない、規則正しい食事や睡眠、有酸素運動などにより自律神経を整えておくことも大切です。
また更年期障害はメンタルも大きく影響するので、更年期が来ることに「恐怖」を感じることなく、その時期をうまく「やり過ごす」ことに集中するようにしましょう。

当クリニック院長は日本女性医学学会(旧更年期学会)専門医のため漢方やホルモン療法に精通していますので、つらい場合は無理せず相談し、貴重な40代50代を楽しく過ごせるようにお手伝いさせていただきます。

更年期障害は身体的因子・心理的因子・社会的因子が複雑に関与して発症しますので、まず十分な問診を行うことが必要です。その上で生活習慣の見直しを行い、それでも改善しない症状に対して薬物療法を行います。
更年期障害の薬物療法は大きく3つに分けられます。

1.ホルモン補充療法(HRT)

更年期障害の主な原因がエストロゲンのゆらぎと減少にあるため、少量のエストロゲンを補う治療法(ホルモン補充療法:HRT)が行われます。

HRTは、ほてり・のぼせ・ホットフラッシュ・発汗など血管の拡張と放熱に関係する症状に特に有効ですが、その他の症状にも有効であることがわかっています。エストロゲン単独では子宮内膜増殖症(子宮体がんの前がん病変)のリスクが上昇するため、子宮のある方には黄体ホルモンを併用します(エストロゲン・黄体ホルモン併用療法)。

手術で子宮を摘出した方には、黄体ホルモンを併用する必要はありません(エストロゲン単独療法)。HRTに用いるホルモン剤には飲み薬、貼り薬、塗り薬などいくつかのタイプがあり、またその投与法もさまざまです。
よく話し合いながら、その人に合った最適な治療法を選択していきます。

HRTに関しては、一時乳がんなどのまれな副作用が強調される傾向にありました。しかし最近になって、更年期にHRTを開始した人では心臓・血管の病気や骨粗しょう症など老年期に起こる疾患が予防できるという利点が、再び見直され始めています。

2.漢方薬

漢方薬はさまざまな生薬の組み合わせで作られており、全体的な心と体のバランスの乱れを回復させる働きを持ちます。多彩な症状を訴える更年期女性に対しては、「婦人科三大処方」とも呼ばれる

  • 当帰芍薬散
  • 加味逍遥散
  • 桂枝茯苓丸

を中心に、さまざまな処方が用いられます。

  • 当帰芍薬散
    比較的体力が低下しており、冷え症で貧血傾向がある方
  • 加味逍遥散
    比較的体質虚弱で疲労しやすく、不安・不眠などの精神症状を訴える方
  • 桂枝茯苓丸
    体力中等度以上でのぼせ傾向にあり、下腹部に抵抗・圧痛を訴える方
3.向精神薬

気分の落ち込み・意欲の低下・イライラ・情緒不安定・不眠などの精神症状が最もつらい症状である場合には、抗うつ薬・抗不安薬・催眠鎮静薬などの向精神薬も用いられます。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)などの新規抗うつ薬は副作用も少なく、またほてり・発汗など血管の拡張と放熱に関係する症状にも有効であることが知られています。
症状の程度によっては精神科・心療内科の専門医の受診をお勧めします。

4.エクオール (自費診療)

大豆イソフラボンの成分のひとつダイゼインが腸内細菌によって代謝されるエクオールは、女性ホルモンと類似の働きをしてくれます。乳がん既往の方もご利用可能です。
サプリメントのため、自費診療となります。
「1か月分 ¥4,400(税込)」