婦人科がん検診|立川駅|乳腺外科・婦人科|たけだ乳腺・婦人科クリニック

〒190-0012東京都立川市曙町2丁目6-10 N8ビル6階
Tel.042-518-9071
ヘッダー画像

婦人科がん検診

婦人科がん検診|立川駅|乳腺外科・婦人科|たけだ乳腺・婦人科クリニック

婦人科がん検診

婦人科がん検診とは、女性特有のがんである子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)や乳がんのリスクの早期発見を目的に行う検診です。

※検診に関して保険診療となる場合あるので診察予約のうえ院長にご相談ください。

子宮頸がん

一般的には、子宮がん検診は「子宮頸がん検診」を指します。子宮頸がんは子宮がんのうち約7割を占め、若い世代に多いがんです。最近では、20代・30代の若い女性に増えてきており、発症のピークは30代となっていて、若い世代も油断のできないがんの一つです。

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因で起こるのですがHPVは性交渉によって感染し、性交渉の経験がある女性の80%以上が50歳までに感染するといわれています。したがって、出血などの症状がなくても、性交渉の経験がある方はHPVに感染している可能性があるため、子宮頸がん検診を毎年受けることをお勧めします。

※検診に関して保険診療となる場合あるので診察予約のうえ院長にご相談ください。

検査

子宮頸がん検診
(市の検診チケット利用可)

まず、スクリーニング検査として、子宮の出口である頸部をブラシでこすって細胞を採取して検査をする子宮頸部細胞診を行います。この検査が子宮頸がん検診を指します。

  • 市の検診の場合は専用の枠よりご予約下さい。
  • 実施期間は7月~2月です。
  • 当日は必ず市から郵送される封筒をご持参下さい。

*コルポスコピー・組織診
(当クリニックでは取り扱いがありません)

子宮頸部細胞診検査で異常が認められた場合には、「コルポスコピー検査と組織診」という精密検査を行います。コルポスコピー検査というのは、コルポスコープという顕微鏡のような機械を使用し、子宮の出口(頸部)を拡大して観察する精密検査です。拡大することができますので、肉眼より細かい観察が可能です。通常はコルポスコピー検査と、異常が疑われる部位の組織診をあわせて行い、診断をします。
コルポスコピー検査は主に、子宮頸がん検診で何か異常が指摘された方に対しての確定診断としての精密検査です。

早期発見、早期治療

子宮頸がんは、初期では自覚症状がほとんどない病気ですが、定期的な検診により初期の段階で発見することができます。がんになる前の段階「子宮頸部異形成」という状態で発見することも可能です。子宮頸部異形成や上皮内がんという初期のがんであれば、円錐切除やレーザー治療などで子宮を残すことが可能です。また、治療後に妊娠や出産することも可能となります。子宮頸がん検診で早期発見し、早期治療することが可能です。子宮頸がんワクチンを接種していても検診は必要です。定期的に検診を受けましょう。

子宮体がん

子宮体部に発生するがんが子宮体がんで、近年、日本の成人女性に増えているがんの一つです。子宮頸がんに比べると、40代以降の比較的高齢で発症することが多いです。自覚症状としては、不正出血が最も多いですが症状がないことも多くみられます。更年期あるいは閉経後に不正出血がある場合には、特に注意が必要です。閉経前であっても、月経不順や乳がんを患ったことがある方は特にリスクが高いため注意が必要です。

検査

超音波検査でまず子宮の内膜にがんを疑う様子がないかを調べます。その上で必要な場合子宮の入り口から子宮内部に細い棒状の器具を挿入して細胞を採取する「子宮内膜細胞診」の検査を行います。子宮の中の検査になるため、生理痛のような軽い痛みを感じることもあります。

早期発見

不正出血やおりものの変化があった時には受診して下さい。早期発見、早期治療が重要です。

乳がん検診