乳房疾患の精査|立川駅|乳腺外科・婦人科|たけだ乳腺・婦人科クリニック

〒190-0012東京都立川市曙町2丁目6-10 N8ビル6階
Tel.042-518-9071
ヘッダー画像

乳房疾患の精査

乳房疾患の精査|立川駅|乳腺外科・婦人科|たけだ乳腺・婦人科クリニック

診療内容

  • 乳房の病気全般にわたる相談
  • 乳房疾患の精査 (マンモグラフィ・超音波検査・組織学的検査)
  • 乳がんの薬物療法(ホルモン療法)
  • 乳がん術後の定期検診
  • セカンドオピニオン

乳房疾患の精査

こんな症状ありませんか?

乳腺疾患の症状は自分で見て触って気付くこともよくあります。
下記のような症状、項目に該当する方はご相談下さい。

  • 胸にしこりを感じる。あるいはしこりかどうかわからないが、なんとなく気になる。
  • わきの下にしこりがある。
  • 乳房の皮膚がへこんでいる、ひきつれているところがある。
  • 乳房の皮膚が赤くなっている。
  • 生理前ではないのに乳房に違和感、痛み、張り感などがある。
  • わきの下の方まで違和感や痛みがある。
  • 乳頭から赤色や褐色の分泌液が出る。
  • 乳頭がただれている。
  • 他施設の健診や自治体の健診で要精密検査となった。

乳がん検査

1.視触診検査

皮膚のくぼみや引きつれ、しこりの有無、色調の変化、乳頭分泌の有無などを調べます。
視触診だけで診断がつくわけではありませんが、病変の状態を把握するために重要な検査になります。分泌物を採取し細胞診検査へ提出することもあります。

2.マンモグラフィ検査

乳房を上下・左右方向にはさんで撮影するレントゲン検査です。
乳房腫瘍(しこり)を見つけるだけでなく、超音波検査では見えづらい微細な石灰化病変を見つけるのにも有用です。

ただし、乳腺が発達している若い人やとても痩せていて乳房のボリュームの小さい方などでは、腫瘍を見つけにくいことがあります。検査時には圧迫による痛みがある程度は伴いますが、より良い写真のためには少しだけ我慢していただく必要があります。

3.乳房超音波検査

超音波検査(エコー)はゼリーを塗ったプローブと呼ばれる機械を乳房に接触させ、モニターに乳房内の様子を詳細に映し出す検査です。痛みや被ばくの心配がなく、妊婦さんや授乳中の方でも安心して受けられる検査です。マンモグラフィ検査で見えなかったような小さな病変や乳腺内の変化が見られることもあります。

4.細胞診検査

乳房内の腫瘍性病変に対しエコーの画像を見ながら細い針を刺入し、陰圧をかけて細胞を吸引採取してくる検査です。取れた細胞を顕微鏡で確認し、良性・悪性の判断をします。しかし、病変の質によっては細胞を十分に採取できないこともあり、その場合は必要により組織診検査に進むことがあります。

5.組織診検査
(乳房針生検)

乳房内の腫瘍性病変に対し、局所麻酔をした上で細胞診よりも太めの針を刺入し、腫瘍の一部を採取してくる検査です。細胞診よりも採取できる検体の量が多いので、良性・悪性の判断だけでなく、具体的な診断やその病変の性質などを知ることができます。