不正出血|立川駅|乳腺外科・婦人科|たけだ乳腺・婦人科クリニック

〒190-0012東京都立川市曙町2丁目6-10 N8ビル6階
Tel.042-518-9071
ヘッダー画像

不正出血

不正出血|立川駅|乳腺外科・婦人科|たけだ乳腺・婦人科クリニック

不正出血

不正出血

月経以外に性器から出血することを不正性器出血といいます。比較的新しい血液は赤色ですが、古くなると血液は茶色くなってきます。微量の出血では黄色の場合もあります。病気ではないこともありますが、重大な病気のサインとしても現れることがありますので注意が必要です。
不正出血の原因には、炎症によるもの(病原菌感染、子宮内膜炎、萎縮性腟炎など)、ホルモン異常によるもの、良性の腫瘍(子宮頸部・内膜のポリープ、子宮筋腫など)、悪性腫瘍(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣腫瘍、子宮肉腫、腟がん)、妊娠に関連するものがあります。
このように不正出血を起こす原因は数多く、疑われる疾患や症状によって検査も様々です。不正出血を繰り返す場合は初期の病気が潜んでいることもありますので、受診して検査を受けることが大切です。

治療方法

検査により異常が見つかれば、それに対する治療を行います。
また、検査で明らかな異常を認めないようであれば、様子をみたり、ホルモン剤や止血剤による止血をします。

不正出血の原因

  1. ホルモンバランスによる不正出血

    生理は女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)のバランスによって周期的に起こるため、ホルモンバランスの変化や乱れによって不正出血が起こりやすくなります。不正出血の中でも特に多い原因です。

  2. 排卵期の出血

    排卵期には女性ホルモンの分泌量が急激にアップダウンします。このホルモンの急激な変化により子宮内膜が剥がれ落ち、生理様の出血が起こることがあります。これらを排卵期出血(中間期出血)と言い、だいたい生理と生理の間に起こります。

  3. ストレスや環境の変化など

    疲労やストレス、環境の変化、体重の増減などでホルモンバランスが乱れ、不正出血が起こることも多いです。