ピルの処方|立川駅|乳腺外科・婦人科|たけだ乳腺・婦人科クリニック

〒190-0012東京都立川市曙町2丁目6-10 N8ビル6階
Tel.042-518-9071
ヘッダー画像

ピルの処方

ピルの処方|立川駅|乳腺外科・婦人科|たけだ乳腺・婦人科クリニック

ピル

ピル

ピルは、『卵胞ホルモン』と『黄体ホルモン』という2種類のホルモンを含有しており、排卵の抑制 (避妊効果)に加え、下記の症状改善などの効果があります。症状によっては保険適用となることも多いので、ご相談下さい。
また多くの種類があり、含まれるホルモン剤の種類が少しずつ異なるため、むくみの出やすさやニキビの改善効果なども異なるという特徴があるためご相談の上、種類を決めていきます。
最近はインターネットで購入も可能ですが、やはり女性ホルモンの薬なので、きちんと専門医による診察を行ってから処方してくれる病院のほうが様々な副作用が出た場合の対処も速やかにできるため安心です。
ピルには、月経痛や月経前症候群(PMS)、子宮内膜症に対する治療を目的に保険適応の薬として使われる低用量/超低用量ピルであるLEPと、避妊目的で使用するピルであるOCがあります。避妊目的で使用するピルであるOCは、正しく内服すると99%以上の避妊効果があり、他の避妊法よりも効果が確実であることがわかっています。

避妊以外に期待できること

  • 月経痛の軽減
  • 月経不順の改善
  • 過多月経の軽減、貧血の改善
  • 月経前症候群(PMS)の改善
  • ニキビの改善
  • 月経移動(月経日調整)
  • 子宮内膜症の予防と改善
  • 子宮体がん、卵巣がんの発症予防、大腸がんの発生頻度低下

当クリニックで処方できる
ピル一覧

内服

LEP

(保険)
フリウェルULD
ドロエチ
上記以外は院外処方となります
OC

(自費)
ラベルフィーユ
ファボワール

ミレーナ

ピルと同様、避妊や月経困難症の治療として使用されるものにIUS=intrauterine system(ミレーナ)があります。これは黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが放出されるT字型のデバイスで一度子宮内に挿入すると5年間入れたままで効果を発揮します。

避妊効果としては99.8%とされています。避妊効果の指標としてよく用いられるパール指数というものがあるのですが、これは100人の女性が1年間その避妊法を使った場合に妊娠してしまう数を%で示したものですが、ピルは正確に正しく内服した場合約0.27%ですが飲み忘れなど考慮した一般的な飲み方の場合8%とされており、一方黄体ホルモンが放出されるIUSでは0.2%とされており、ピルの一般的な避妊効果より高くなっています。
ただし「避妊」はできても性感染症は予防できないので性感染症を予防するという意味でコンドームは必要になります。

また生理痛がひどい「月経困難症」や生理の量が多い「過多月経」の人はIUS(ミレーナ)を治療として使用することがありその場合は保険適用となります。

挿入は外来診察で入れることができますが挿入時に生理痛のような下腹部痛を伴い、人によってはその日は数時間軽い生理痛のような痛みが続くことがありますが、痛み止めを内服して対処できる程度の痛みです。
挿入のタイミングは月経の終わりかけ(生理5-10日以内)ですが挿入前に検査が必要ですのでまずはご相談にいらして下さい。
大きな副作用はありませんが、挿入後半年くらいだらだらと少量の不正出血が続くことがあります。特にそれ自体は異常ではありませんが、どうしても不正出血が耐えられないという場合はやめたほうが良いでしょう。
まためったにないことですが、出産や中絶の直後など子宮が柔らかくなっている状態で挿入した場合に「穿孔」といって子宮を突き抜けてお腹の中にIUD(IUS)が入ってしまう危険性があります。

緊急避妊(アフターピル)

緊急避妊薬とはコンドームの破損、コンドームなしの性交渉など避妊に失敗した際、早期に内服することで、排卵を遅らせたり受精・着床(受精卵が子宮にくっつくこと)を阻止することで妊娠するのを防ぐお薬です。現在国内で認められている緊急避妊薬はレボノルゲストレル(ノルレボ®)というホルモンの製剤で性交渉から72時間以内に1錠のみ内服するお薬です。海外ではエラワン®という性交渉後5日以内と、もう少し期間も長く効果の高い緊急避妊ピルも販売されていますがまだ日本国内では認可されていません。

避妊率は24時間以内の内服で99%、48時間以内で98%、72時間で97%と報告されています。ただ、妊娠阻止率といって内服しなかった場合に妊娠したであろう人たちに限っていうと85%の阻止率なので、実際内服後に妊娠してしまうケースも見られます。
服用はなるべく早い方が効果的ですので、避妊に失敗してからなるべく早めに受診されることをおすすめします。

緊急避妊薬内服時の注意点

  • 性交渉後なるべく早く内服する。
  • 飲んだ後の出血はいつ来るかわからず、いつもの生理とはずれる。
  • 内服後の出血が来るまでは必ず避妊すること。排卵がずれる為一時的に妊娠しやすくなる可能性があります。
  • 一時的な吐き気や頭痛等が起こることがあり、特に内服後4時間以内に嘔吐すると効果が落ちることもあります。
  • アフターピルが今後の体に支障を残すような副作用はありませんが、避妊に失敗するリスクを減らすため次回月経後より、継続して低用量ピルの服用がおすすめです。

月経移動

月経日はホルモン剤によってコントロールすることができます。受験や旅行などどうしても外せないイベントと月経の日程が重なってしまった時には、ご相談下さい。

月経を早める

大切な予定と月経が重ならないように、予定の月経より前に移動させる方法です。ずらしたい月経の前周期の月経開始後できる限り早め(もしくは月経中)に受診下さい。10~14日ほどホルモン剤を内服すると、内服終了後2〜3日で月経が開始します。
低用量ピルによっても月経を早めることも可能ですので、何周期も続けて月経移動の希望のある場合はご相談下さい。

月経を遅らせる

次の月経の予定日より5日前からホルモン剤の内服することによって、月経を遅らせることが可能です。月経を早める方法よりも、遅らせる方法の方がより確実です。ただし遅らせる場合、大切な予定(旅行や行事)の間もホルモン剤内服が必要となります。慣れていない場合は少し早めに飲みはじめるなどなるべく大切な予定の間に負担のかからないよう調整させていただきます。

月経移動の注意点

  • 内服による避妊効果はないので、避妊目的に使用することは避けて下さい。
  • 抗生剤・抗アレルギー剤・鎮痛解熱剤・風邪薬を内服中でも、ピルを一緒に内服しても特に問題ありません。
  • ピルによる吐き気や嘔吐などの副作用を避けるため、就寝前に毎日服用することを心がけて下さい。
  • 頭痛・吐き気・嘔吐といった副作用に対して、鎮痛剤や制吐剤を服用しても特に問題ありません。
  • 内服を忘れた場合、気づいた時点ですぐに内服をし、継続して下さい。2日以上内服を忘れた場合には、月経が来てしまう可能性が高くなるので十分注意が必要です。
  • 内服中に不正性器出血を認めた場合は、内服を中止せずに内服を続けて下さい。
  • 海外旅行などで時差がある場合でも、就寝前に毎日服用することを心がけて下さい。しかし、次の内服までに24時間以上時間が空いてしまう場合には、次の内服を早めに行って下さい。一時的に、24時間以内に2錠を内服することになったとしても特に問題ありません。
  • 月経移動は、旅行など比較的日数が短い場合は容易ですが、複数の入学試験を受ける受験期間など、比較的日数が長い場合は難しい場合もあります。そのような場合は、低用量ピルで半年ほど前から月経コントロールを行うことをお勧めします。

副作用

低用量ピルの一般的な副作用として頭痛、吐き気、不正出血などがありますが、これらの症状は飲みはじめの時期に起こり、服用を続けることで消えていきます。
重篤な副作用のひとつに静脈血栓塞栓症がありますが非常に稀です。静脈血栓塞栓症は低用量ピルの内服開始後3か月以内が最も多いことのほか、喫煙者、肥満の方、40歳以上の方の場合にそのリスクが高まることがわかっています。

静脈血栓塞栓症の症状としては、激しい頭痛、急に目が見えなくなった、しゃべりにくくなった、激しい腹痛、足のむくみ・痛みなどがあり、早期診断・早期治療で重症化を防ぐことができます。